日当たりに注意!夏の植物は日光と水の量で成長が左右される

日当たりに注意!夏の植物は日光と水の量で成長が左右される

園芸用品

花を咲かせる植物を選ぼう

花が咲く植物には多くの種類があります。花壇に咲く小さな草花、庭をダイナミックに彩る背丈の高い植物の花は、春から夏にかけての特に屋外で目を楽しませてくれます。花をつける樹木は生垣に利用されることも多いもの。また冬に咲く種類の洋ランは、冬から早春にかけて室内で花を楽しめます。

芸術的で美しいお庭へ!植物の魅力って何?

樹木は夏の強い日差しを和らげてくれます。足元の花やグリーンは、明るさや癒しを与えてくれます。そんな花・木・グリーンなどの植物がバランスよく配置されたお庭は、家で過ごす時間を心地よくしてくれるでしょう。半日陰や日陰であったり小さな庭であっても、適したものを選べば美しいお庭にすることは可能です。

ミニサイズな植物も育てやすい

これから花や植物を育ててみたいという場合、ミニサイズの鉢植えの植物を育ててみるとよいでしょう。1号・2号鉢サイズでは小さな観葉植物や多肉植物、サボテンなどが売られています。3号鉢になると、冬に出回りが多いコチョウラン、春・夏に種類が増える球根植物やカジュアルな草花が手に入ります。

枯れないようにするためのポイント

枯らさずに育てるには、その植物に合った環境を用意することが大切です。たとえば花が咲く植物は多くの日光が必要で、暗い場所に置くには向きません。どこに何の植物を置くか考えてから購入すれば、失敗しないでしょう。また水の管理も枯らさないためには大事です。多すぎず少なすぎない水の量を与えましょう。

自宅の雰囲気に合った植物を取り入れよう♪

庭に植えた植物は家の雰囲気を左右します。テラコッタ調のアプローチは、春や夏に花を咲かせるカラフルな草花が良く似合います。大鉢に寄せ植えた植物も素敵です。日本庭園は日陰や半日陰に向く植物も多いもの。和モダンな住宅には、そんな植物がマッチします

植物に関する不安・疑問を解決!

暑い夏でも庭の管理が楽な植物は?

花は夏も手入れが必要ですが「夏は暑くて庭に出たくない!」という方も多いことでしょう。そんなときは、熱帯性カラーリーフがおススメです。赤みがかった葉やシルバーがかった葉は華やかさがあり、庭が寂しくならず涼しげに見えます。

日当たりが悪い庭でも植えられる花は?

一般的に花は日あたりの良い場所のほうが生育が良いもの。日当たりが悪い庭だと花を植えることを諦めがちです。しかしインパチェンスは、半日陰程度でも元気に咲いてくれます。夏の日当たりの良い庭でも木の根元などが向いています。

おすすめ記事をチェック!

庭

植物の成長が早い夏は手入れに注意!季節に合った手入れを心掛ける

植物を病害虫から守るためには、こまめなお手入れが必要です。特に、生育旺盛な時期に摘芯や剪定などをして風通しよくすることで、丈夫に育ち、病害虫の被害も防げます。

READ MORE
植物

育て安さを求めるなら夏日差しにも負けない植物を選ぶ!

初心者でも夏の植物を育てることができます。まずは、それぞれの特徴を把握して、環境にふさわしい植物を選びましょう。さらに、あらかじめインターネットで情報収集を行うと、成功する確率が高くなります。

READ MORE
園芸用品

日当たりに注意!夏の植物は日光と水の量で成長が左右される

春や夏は、特に花が庭を美しく彩る季節。さまざまな花が咲く植物を植えて楽しむことができます。暑い時期でも手のかからないもの、日当たりが悪くても育てられるものなど、自分に合った植物を選びましょう。

READ MORE

新着情報