インテリアをもっと素敵にしたいなら夏の植物を育てよう

季節感たっぷりの夏の植物は、インテリアのアクセントになります。清涼感あるグリーンは部屋の居心地をよくしてくれるでしょう。夏は、暑さを心理的に和らげる、夏向けの植物を育ててみてはいかがでしょうか。

室内で育てる方法・外で育てる方法を徹底比較☆

夏の植物を部屋のなかでも元気に育てる方法

花が咲く植物の場合は、たくさんの日光が必要です。鉢を窓際に置き、できるだけ多くの日光に当てましょう。半日陰でも強い植物を選ぶか、アンスリウムやアナナスなど夏らしい観葉植物を選ぶのも手です。

夏の植物を屋外で管理して元気に育てる方法

真夏は日光が強すぎて葉焼けする植物もあります。その植物にあった日差しになるよう、置き場所に注意しましょう。また、水やりや薬剤散布は、涼しい時間にするよう注意が必要です。

育てやすい夏の植物ランキング!

no.1

第1位・夏を代表する花・ひまわり

さまざまな種類がある夏の植物ひまわり。矮性タイプは鉢で育てても可愛いもの。また人の背を越す高さに育つものには大輪咲き、スプレー咲きもあり、庭に植えると夏ならではの光景を楽しめます。

no.2

第2位・長く咲くジニア

和名を「ヒャクニチソウ」というジニアは、夏のあいだ3ヶ月以上も花を咲かせてくれます。カラフルな色やシックな色、大きさも大・中・小輪があるなどバリエーションの豊富。種からも育てやすい植物です。

no.3

第3位・日本の夏にピッタリのアサガオ

夏の植物といえば、アサガオを思い浮かべる人も多いことでしょう。アサガオは江戸時代から品種改良がおこなわれた歴史があります。最近では南米原産の西洋アサガオや、花期の長い宿根アサガオも人気があります。

no.4

第4位・インドアハイビスカス

インドアハイビスカスは初夏から夏の間、よく出回ります。明るい暖色系のカラフルな花色と、リゾート感タップリの明るい雰囲気が人気です。室内で管理できますが、明るい場所に置きましょう。

no.5

第5位・ブーゲンビリア

厳密に言うと夏に咲くわけではなく花期は春と秋。しかしトロピカルなイメージのせいか、夏に出回り人気を集めています。種類によって寒さに比較的強いものもありますが、鉢植えで育てるのがおススメです。

[PR]ブルーベリーの育て方が知りたい
育てることで私生活に楽しみを増やそう

屋内でも楽しめる!夏植物を上手く育てるコツ

人形

夏の植物とは?

夏に見ごろを向かえるのが夏の植物です。またリゾート感があり夏の雰囲気を味わえる植物も、夏の植物といえるでしょう。これらの植物は日光を好むものも多いですが、花期が夏でも強い日差しを苦手とする種類のものもあります。その場合は、屋外でも半日陰や日陰で育てるようにしましょう。

どんな植物があるのか

夏は、庭に植えたり、鉢植えにしたりして楽しめる、ペチュニアやニチニチソウ、ジニアなどの草花が花を咲かせます。またこのころ出回る鉢植えでは、デプラデニアやブーゲンビリア、インドアハイビスカスなどが人気があります。透明感のある花が美しい熱帯性スイレンもこの時期ならではです。また、庭によっては木が育ちすぎて危険ということもあるでしょう。その場合、自分で伐採をすることも可能ですが技術がないと自宅に木が倒れてしまったり周囲にも大きな影響を及ぼす危険性もあるので専門業者に依頼する方が得策だと言えます。大阪などにある専門業者に依頼することで、安全に伐採することが可能です。

育てて良かった植物!自宅で育てた方の口コミをピックアップ☆

暑気対策で食材にもなりました

エアコンに頼らない暑気対策をするために、夏前から南向きに鉢を並べてゴーヤを栽培しました。順調に育ったおかげで、植物が日差しが遮ってくれたことに満足です。また、食材としても十分な量を収穫できたので、美味しく食べました。

次々咲いてくれる百日草

私は花を育てるのが好きなので、毎年1年を通してなんやかんやと借りている隣の畑や家の前に花を植えたプランターをずらっと並べて楽しんでいます。なかには花が終わって休眠しているのもあります。夏になると春に種をまいた花がさきますが、その中の植物として百日草があります。この花は、第一号の花が咲いて切り取ると次また、脇目からまた花が咲くを繰り返すという風に切ってもまた咲く長くお花を楽しめるのです。

おすすめ記事をチェック!

庭

植物の成長が早い夏は手入れに注意!季節に合った手入れを心掛ける

植物を病害虫から守るためには、こまめなお手入れが必要です。特に、生育旺盛な時期に摘芯や剪定などをして風通しよくすることで、丈夫に育ち、病害虫の被害も防げます。

READ MORE
植物

育て安さを求めるなら夏日差しにも負けない植物を選ぶ!

初心者でも夏の植物を育てることができます。まずは、それぞれの特徴を把握して、環境にふさわしい植物を選びましょう。さらに、あらかじめインターネットで情報収集を行うと、成功する確率が高くなります。

READ MORE
園芸用品

日当たりに注意!夏の植物は日光と水の量で成長が左右される

春や夏は、特に花が庭を美しく彩る季節。さまざまな花が咲く植物を植えて楽しむことができます。暑い時期でも手のかからないもの、日当たりが悪くても育てられるものなど、自分に合った植物を選びましょう。

READ MORE

新着情報